2019年02月14日

富野由悠季監督「イデオン、こんなすごい作品とは思わなかった!」

1: きのこ記者φ ★ 2019/02/12(火) 07:28:23.23 ID:HxmJK/SL9.net

[映画.com ニュース] アニメ「伝説巨神イデオン 接触篇」「伝説巨神イデオン 発動篇」が2月11日、
「さぬき映画祭2019」を開催中の香川・イオンシネマ東高松で上映され、総監督の富野由悠季氏、
映画祭ディレクターの本広克行氏が登壇した。

1979年放送のTV版「機動戦士ガンダム」に後に制作された「伝説巨神イデオン」は宇宙に進出した
2つの種族が無限のエネルギー「イデ」をめぐり、闘いを繰り広げる伝説アニメ。
80〜81年のテレビ放送は打ち切りになったが、熱狂的なファンによって人気が再燃し、劇場版が製作された。

富野監督は「接触篇」の上映後に登場。
完成後も度々見直したが、「こんなすごい映画とは思わなかった!」と興奮したように話し、
満席の観客から拍手を浴びた。

「これまでのイデオンの印象は制作状況の悪さもあって、稚拙にしか見えず、
作品を通しての感想はなかったが、今回は1作品として見ることができた。
作画もひどい。何もかもひどいけど、『こんな話かよ』と驚いた」と話した。

プラモデルや超合金の玩具も持っていたという本広監督は高校の学園祭で、
イデオンの巨大な造型物を作った大ファン。

物語の素晴らしさを称えると、富野総監督は「人間関係の入れ子構造が上手だなと思った。
(自分自身が)経年劣化を起こしていて、だんだん、ああいうことができなくなっている。
たったひとつの言葉で人間関係を結びつける。見事だな、と思った」と話した。

劇場版「接触篇」はTV版とは違うアニメーターが担当した。「テレビ版の寄せ集めの印象しかなく、
『発動篇』を受けるイントロにもなっていないのでは、と思っていた。
オカルトは好きではないが、当時のオカルトブームに引っ張られていることに改めて気づき、
映画は必ずしもひとりの意志では作られていない、時代性にも引っ張られるのだなとも思った。
こんなことは当時、意識してなかった」と自作を再発見していた。

諸条件は「ガンダム」より劣悪だったそうで。「『(玩具の)金型を作っているから、変更してもらっては困る』と言われて、頭に来た。
当時の自分の精神状態はやばかった。それを制御しようとして、うつ病にもなった。
(こんな壮大な話は)一人の能力では無理。チャラチャラやっては作れない。いい経験ではあったけども、
自分に能力がないことも自覚した。能力があれば、スピルバーグにもなれただろうな」と謙遜していた。

「さぬき映画祭」は11日まで開催。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000012-eiga-movi
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190211-00000012-eiga-000-1-view.jpg


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 富野由悠季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年02月02日

「富野由悠季の世界」6月より全国を巡回「『概念の展示』は不可能なのだが…」

1: muffin ★ 2019/01/29(火) 11:26:29.67 ID:eiZ48zZW9.net

https://natalie.mu/comic/news/317761
2019年1月28日 19:58

「富野由悠季の世界」が、6月22日の福岡・福岡市美術館を皮切りに全国に巡回する。

本展は、富野監督のこれまでの仕事を回顧、検証する展覧会。「機動戦士ガンダム」「ガンダム Gのレコンギスタ」などのガンダムシリーズ、「伝説巨神イデオン」「聖戦士ダンバイン」といった数多くのオリジナルアニメーションの総監督を務めた富野の50年以上にわたる歩みを振り返りながら、それぞれの時代や人々に与えてきた影響や、彼が訴え続けたメッセージとは何かを紐解く内容となっている。

福岡・福岡市美術館では6月22日から9月1日、兵庫・兵庫県立美術館では10月12日から12月22日、島根・島根県立石見美術館では2020年1月10日から3月23日に開催。そのほか2020年4月から6月まで青森、7月から9月まで富山、9月から11月まで静岡での開催も予定されている。

♦ 富野由悠季コメント
展覧会「富野由悠季の世界」によせてー
「概念の展示」は不可能なのだが……

この展覧会の企画について、美術館の学芸員の方々からご提案をいただいたときには、嬉しかった反面、「展示するものなどはないのだからやめたほうがいい」と何度も伝えました。
「演出」という仕事は、感覚的な仕事であると同時に、たいへん観念的な作業で、「概念(考え方)を示すことができる仕事」なのです。つまり、この一行半を展示で説明することはできないのです。しかし、美術館の学芸員の方々は、みなさん方がとても熱心で、ぼくの言うことを聞いてくれませんでした。(笑)
そして、彼らと話し合いをするうちに、「トミノは巨大ロボットを動かすだけではないという部分を記録してみたい」と思うようになりました。
それで、子供のころから学生時代までの記録を見直してみて、記憶の通りでありながらも、結局は、当時ただひとつ好きだった連載漫画『鉄腕アトム』に引っ張られながらも、アメリカのSF映画群から「映画的なるもの」に触発され、好きでもなかったアニメの世界に入ってしまったのです。しかも手塚治虫主宰のプロダクションに就職したのですから、たいへん幅の狭い道でした。
しかし、中高時代は漫画離れをして、ペン画や短編小説を試作し、大学時代は学生運動というほどのものではないにしても世間を覗くことができて、その結果、テレビ漫画『鉄腕アトム』の演出の仕事にはいり、それから、初監督作品『海のトリトン』から始まって、出世作となった『機動戦士ガンダム』を経て、『ガンダムGのレコンギスタ』まで55年間。
仕事を成立させるために、先に思い(観念的なこと)を吐き出してしまい、その後付けを考えるということを繰り返してきました。それは基礎学力のない情けないキャリアで辟易するのですが、しかしながら、「アニメは映画だ」というコンセプトだけは振り回してきたつもりです。
そのことは何なのだ!? その説明はとても不可能なのですが、「映画というのはただ動く絵の陳列ではないんだよ」ということを知っていただきたい、もっと素敵で強固な媒体なのだ、ということを想像していただきたいのです。
そのために、今回のような形で恥を晒してみせましたので、映像作家を目指す諸君には、ここから独自の道筋をお考えいただければ、と心から願うのです。

富野由悠季

♦「富野由悠季の世界」
第1会場
会期:2019年6月22日(土)〜9月1日(日)
会場:福岡市美術館

第2会場
会期:2019年10月12日(土)〜12月22日(日)
会場:兵庫県立美術館

第3会場
会期:2020年1月10日(金)〜3月23日(月)
会場:島根県立石見美術館

第4会場
会期:2020年4月〜6月
会場:青森県立美術館(予定)

第5会場
会期:2020年7月〜9月
会場:富山会場(予定)

第6会場
会期:2020年9月〜11月
会場:静岡県立美術館(予定)

https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2019/0128/tomino-exhibition_visual_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2019/0128/tomino-exhibition_rogo2_fixw_640_hq.jpg


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 富野由悠季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする