2020年10月21日

究極のガンプラ爆誕!

1: 名無し募集中。。。 2020/10/08(木) 17:32:04.26 0.net

■〈GUNPLA EVOLUTION LINK SYSTEM〉では段階的組み立て工程を採用、本物のMSを建造する疑似体験を演出。
■「組立」「可動」「構造」「外装」「演出」と組み立てフェイズごとにガンプラ最新技術を凝縮し、ガンプラの進化を体感できる設計。
■ガンプラ史上最大級、脚部全長約180mmのインサートフレームを採用。骨となる全身のフレームをPG史上最も早い段階で組み上げられる仕様となっている。
■ガンプラ史上最大の全身90箇所以上に可動軸を設定。コア・ブロック機構を採用した胴体部は、40箇所の可動軸を組み合わせた新構造を採用。
■多重構造のトラスフレームにはメタリック成形色とメッキパーツを採用し、4種の金属感を演出。

youtu.be/Fx_pahzRXgw


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | ガンプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年10月05日

超かっこいいジオングの新作ガンプラが出るらしい!

1: 名無し募集中。。。 2020/09/24(木) 16:30:19.87 0.net

写真見たら超かっこいい!
〇0年以上ぶりにガンプラ買いたくなった
この板でガンプラ作ってる人っている?
最近は接着剤とか塗装とか要らないって本当?
制作難易度は下がってる?
目が悪くなったので完成できるかわからないが買う


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | ガンプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年09月09日

「茶の間で新聞」って親父かよっ…#モデラー 描くガンダムの“人間らしい”生活「カッコイイだけがガンプラじゃない」

1: 少考さん ★ 2020/09/06(日) 08:35:34.44 ID:CAP_USER9.net

「茶の間で新聞」って親父かよっ…モデラー描くガンダムの“人間らしい”生活「カッコイイだけがガンプラじゃない」 | ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/special/55113/

2020-09-06 7:03

「くつろぎタイム」
https://pbs.twimg.com/media/EgoCEd0VgAEzwJ_.jpg

#ジムの日
https://pbs.twimg.com/media/EccwoEJUMAANIK0.jpg

「ガンダム4コマ」石澤ぐり氏作品コレクション(105枚)
https://www.oricon.co.jp/photo/5814/


ガンプラモデラーというと、「スミ入れ」「スジボリ」「合わせ目消し」「塗装」「改造」と“本格派”を示すことが多いが、そうではない楽しみ方をしているモデラーもいる。石澤ぐり(@AgUJ85zs3Q4h8M5)さんが表現しているのは、こうした“カッコいいガンプラ”ではなく、見た人がクスッとできるようなほのぼのとした世界観。4コマ漫画風のストーリーに仕上げ、ツイッターとブログで発信し続けている。なぜ、このような作品を制作し投稿するようになったのか、話を聞いた。

ガンプラと動物フィギュアと一緒に撮影したところからスタート

――ガンプラを始められたのはいつくらいですか?
石澤ぐり 本格的に始めたという意味ではガンプラ歴は1年半程度です。子どもの頃も作ってはいましたが10体もあるかないか程度で説明書通りに組んでそれっきりでした。この1年半で50体ぐらい制作しました。

ーーガンプラ作りを再開され、ツイッターで作品を発表するようになった運命的なキットがあれば教えてください。
石澤ぐり 今やっている事のきっかけになったキットと言えば「HGUC 1/144 MSA-003 ネモ(ユニコーンデザートカラーVer.)」ですね。昔作った旧キットに比べて可動域がグッと広がっていて、さまざまなポーズを付けられる事に驚いた記憶があります。

――そこから、ツイッターで発表されている4コマ漫画風の作品につながっていくのですね。このシリーズは、ガンダムが居間で寛ぐ姿など、カッコイイガンダムではなく、実におちゃめで可愛いらしい、人間味あふれるガンダムが描かれています。いつ頃からスタートしたのでしょうか?
石澤ぐり このシリーズは、ガンプラを再開してすぐ、ツイッターをやってたので「せっかくだから写真撮ってアップしてみよう」くらいの軽い気持ちで始めました。スタート時は先に申し上げた通り、ネモ、ゴッグやアッガイ、ギャンも作ったのでそれらを使用していました。最初はガンダムを作ってなかったんです…なぜか(笑)。

――投稿の中ではガンダムが擬人化されていて、ありふれた日常風景が描かれていますが、このシリーズを思いついたのはきっかけ何だったのでしょうか?
石澤ぐり きっかけは動物フィギュアです。最初はガンプラだけで写真を撮っていたのですが、ウチにあった動物フィギュアを見ていたら「これも一緒に撮ってみるか」と思い立ち、撮っているうちになんとなくストーリーが浮かんできたんですよ。ギャンが動物に襲い掛かろうとしているところを、ネモが阻止しようとします。ですがサーベルを目前に突き付けられたギャンに服従のポーズをとってしまうネモ…といった具合に物語が膨らんでいきました。それが4コマの最初の作品です


――このシリーズを制作する際に1番こだわっているところを教えていただけますか。
石澤ぐり パッと見たときに「何が起こっているのか」「何をしているのか」を、見た人が瞬時に分かるように撮ることを意識しています。何体も詰め込まないように、背景もシンプルに、小物も置きすぎないようになどは気をつけていますね。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

※画像引用元
https://twitter.com/AgUJ85zs3Q4h8M5/status/1281046089026555904
https://twitter.com/AgUJ85zs3Q4h8M5/status/1299853732553744384
(deleted an unsolicited ad)


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | ガンプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする